浴衣の着こなし

浴衣の着付けに必要なもの

浴衣は着たいけど着付けができないという人、結構いますね。
でも、浴衣の着付けって、それほど難しくありません。ぜひ、挑戦してみてください。
その前に、以下のような必要なものをそろえます。

・浴衣
・下着(肌襦袢、裾よけ)
・帯
・伊達締め
・腰紐2本
・帯板
・下駄

本来浴衣は肌に直接着るものですが、薄い生地でできているため透けることがあります。
そのため、下着は、キャミソールやスリップなどでもOKなので着用したほうがいいですね。

なお、初めてでよくわからないという人のために、セットでも販売されているので、そちらを購入してもいいでしょう。

浴衣の着付け

浴衣の着付けは着物の着付けの基本とも言えます。
着物を着るのは大変...と思っている人は多いと思いますが、浴衣は略装の最たるもの。
着付け教室などに通わなくても着ることができるので、ぜひマスターしましょう。

友人や親、親戚など、知っている人に教えてもらえるならそれに越したことはありませんが、そのような人がいない場合、浴衣の着付けを参考にするのは、書籍やインターネットになりますね。インターネットでは、動画で浴衣の着付けを説明しているサイトもあり、非常にわかりやすいので活用してください。

オススメ動画は以下の通りです。

浴衣の着付け
街ログ
nanapi

動画はほかにもたくさんあるので、自分が一番わかりやすいのを参考にするといいでしょう。