ユニクロも浴衣に参入

ユニクロと浴衣

ユニクロが浴衣の販売をスタートさせたのは2003年です。
カジュアルなブランドというイメージが定着していたユニクロと浴衣とは、なんとなくミスマッチな感じでしたが、3990円という低下価格と本格的な柄が多くの女性のハートをつかみました。2005年には男性用と子供用の浴衣も販売。これも低価格路線が功を奏して大人気。

現在は和を取り入れたファッションがブーム。
ユニクロの豊富なデザインと低価格、そして質の良い浴衣は、若者を中心に多くの人から支持されています。

さらなる前進が期待されるユニクロの浴衣、これからもどんなものが出てくるか楽しみですね。

ユニクロの人気浴衣と生地

ユニクロの浴衣、低価格と質の良さで現在大人気。
今年は特に女性用浴衣に力を入れているユニクロでは、新作も登場。
林静一のイラストをもとにした浴衣に注目が集まっています。
ほかに、千鳥の浴衣や水玉、芍薬、撫子、ダリア、三つ葉などをモチーフにした浴衣も人気です。

ところで、「ユニクロの浴衣は生地が薄い」と言う人が多いようです。
事実、ユニクロの浴衣の生地は薄いのです。これは生地に汗を吸収しやすいキシリトールを入れていることと、着ていて涼しい浴衣を目指しているため。

薄い生地は透けやすいというデメリットがあります。特に白い生地はそうですね。
透けないようにするには下着を着用することです。浴衣はカジュアルな着物といっても、外出する際に下着を着けるのはエチケットと言えるでしょう。