浴衣の下着?

浴衣と下着

浴衣は元来お風呂上りに着るもの。
その際、下着は着用しませんが、外出の際には着用したほうがいいですね。
特に白地の浴衣や透ける素材の合繊の浴衣などもあるので注意が必要です。

また、ステキな浴衣を着たのに、後ろ姿にショーツのラインが見えていたり、身八つ口から肌まる見えだったりしたら、せっかくの浴衣美人も台無しになってしまいます。

もし着物用下着がない場合は、キャミソールやタンクトップでも代用できます。
下着を着ると暑くなるように感じますが、どっちみち夏は汗をかくもの。
浴衣が汗でベタつくよりは、下着を着ていたほうが着心地はGoodです。

浴衣の下着

浴衣を着るときはどんな下着をつければいいのでしょうか。
浴衣の下着には以下のようなものがあります。

・肌襦袢
・裾よけ
・ワンピース型スリップ

浴衣がコーマ地の場合は、それほど透けないので、裾よけはなくてもOK。
ワンピース型の下着がオススメですが、キャミソールやタンクトップでの代用も可能です。

浴衣が綿絽や綿紅梅、絹紅梅、麻の場合には透けるので、肌襦袢と裾よけを着用したほうがいいでしょう。

浴衣の下着は透け防止になると同時に、汗取りや浴衣の汚れ防止にもなります。
下着の生地はいろいろありますが、クレープやガーゼ素材のものが吸湿性がよく着ていて気持ちがいいですよ。